WinSCPのテキストエディタに行番号を付けて編集しやすくする方法

WinSCPは転送だけでなく、リモートサーバーのファイルを直接テキストエディタで編集まで出来てとても便利なんだけど、

この画像の様に、行番号がないので行数の多いプログラムの修正はとてもやりにくい、なのでその都度 TeraPad の様な行数が出るテキストエディタで開いていたんだけどコレもめんどくさい。ローカルPCのファイルを触ってそれをまたFTPで上げるなんてめんどくさ過ぎる!と云う訳で、WinSCPの設定で行数表示に出来るかな?とゴソゴソしてみたら~あるじゃない。ラッキー

という訳でWinSCPのテキストエディタで行番号を付けるやり方です。TeraPad は既に持ってる前提で話を進めます。無い人はこちらからどうぞ → TeraPadダウンロード

WinSCPの最上段の「オプション」メニューから「環境設定」を選択します。

「エディタ」をクリックして

「追加」をクリック

「外部エディッタ」にチェックを入れて

「参照」をクリック

「TeraPad.exe」を選んで

「開く」をクリック

「OK」をクリック

「TeraPad」が増えているので「TeraPad」をクリックして

「上へ」を2回ほどクリックして「TeraPad」を一番上に

「TeraPad」が一番上に来たら「OK]をクリック

WinSCPのファイルをクリックすると「TeraPad」で開くようになって行数が表示されるようになった。これで「○○行目を修正してね(はーと)」にも対応しやすくなりました。めでたしめでたし。

個人的には「WinSCP」はSSH接続できるので、リモートサーバー同士のサーバー間転送が出来たらいいのになーと思う今日この頃です。なになにsshでコマンド打ってやればいいやろって?そらそーだけど、レン鯖だとssh使えないとこあるし、ローカルPCはWin7だし、時間かかるし、サーバー間で出来たらいいなーと思った次第であります。

ローカルのパソコンをiMacとかリナックスにしたらサーバー間転送が楽になるんだけど、そこまで本気出さなくても良いぬるい環境って事で。誰かからいらなくなったPCもらったらやってみようかな

追伸、捜してみたら有料だけどありました。FlashFXP って奴です。リモートサーバー同士のサーバー間転送が出来ます。1ヶ月無料なのでお試しで使ってみたら~買う場合は30ドルぐらいです。

有料な所が微妙ですね。大きいファイルなら rsync ssh でって事になるし、小さいのならローカルPCに落としてからアップでもすぐだし。WEB系の仕事してて引越し多いなら買いかな~です。

で、チョット無料版使ってみたのですが、エラー?なのかなんなのか?送信できない事が多いですね。さくさく使えない感じです。送信しないファイルを違うFTPで送信したりしないといけなかったり。逆に邪魔くさい時あります。なんかエラーで実行できずに「キュー」が貯まっていってなんだかなーな感じでした。

リモートサーバー同士のサーバー間転送、サーバー間ファイル中継機能を備えるFTPソフトって奴は、まぁまぁの割合で、中継機能付のFTPソフトはアクセスさせないように設定されているFTPサーバーが存在するみたいです。噂です。

サーバー間でデータを引っ越しさせたいニーズがあるのなら、まずは1ヶ月のお試しで!これは便利だと思ったら30ドルで買い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク